基本の引越し料金にプラスされるものは?

以前、赤帽で引越しを体験した知人によれば、「お得な引越し料金は嬉しいのだけど、ミスの多い赤帽さんに当たるとイライラする。」なんていう評価が続々と出てきます。
企業が引越しを要請したい時もありますよね。大きな真っ当な引越し業者でなら、大部分が、会社の引越しを受託しています。

b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_s
割合、引越し料金には、相場と定められているマストな料金に季節料金や、付随する料金を加えられるケースがあります。一律のところで言うと、日祝(場合によっては土日祝)が20%増し、昼間以外の時間外料金が25%増しとされています。
就職などで引越しを計画している時、さしてカツカツでないスケジュールならば、プロに引越しの見積もりを頼むのは、引越しの多い時期を外すということがマナーです。
中小の引越し業者もけっこう離れている引越しは原価が高いから、ほいほいと値下げは無理なのです。ちゃんと比較して納得してから引越し業者に目星をつけなければ、お得な引越しはできなくなります。
専門性の高いピアノ引越しの料金は、引越し業者の機械により違います。9千円からというリーズナブルな業者も現れているのですが、これは短時間で済む引越しとしてはじき出されたサービス料なので勘違いしないようにしましょう。

 

合わせて読んでおいた方が良い記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ

    z̃T[JX